大宰府政庁跡

 3/1人  |  人気指数 859

お気に入りに追加:0

コミュニティバスまほろば号「大宰府政庁前」下車

レプリカの礎石が点在し、市民の憩い公園

大宰府天満宮からほど近い『大宰府政庁跡(都府楼跡)

レプリカの礎石が点在しています

 

菅原道真の漢詩「不出門」の一節「都府楼はわずかに瓦色を看」とも読まれた
西海道九国三島を統括し、対外交渉の任にも当たった奈良や京都に次ぐ
地方官衙(役所)だった場所でかつては「遠の朝廷(とおのみかど)」と
呼ばれていたそうです。奈良時代から平安時代にかけては壮麗な建物が建設されていましたが、
天慶3年藤原純友の乱で焼失しました。
 
公園の周囲は桜並木が続いているので春には、花見の名所のひとつ。
夏には睡蓮や紫陽花
四季を通して楽しめる市民の憩いの場となっています。
 
周辺にも数多くの歴史の跡が残っています。

大宰府政庁跡の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(太宰府・二日市・公園)の記事に1名の編集者が参加しました!

大宰府政庁跡のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.11.10 23:07
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る