倉敷美観地区

Kurashiki Bikan historical quarter

クラシキビカンチク

倉敷美観地区

 3/1人  |  人気指数 1,798

お気に入りに追加:0
  • 倉敷美観地区住所住所: 

    倉敷市本町全域、中央1丁目北部(前神町など)、東町・阿知2丁目・鶴形2丁目の各一部が含まれる。

  • 倉敷美観地区電話電話:  未入力
  • 倉敷美観地区営業時間営業時間:  未入力
  • 倉敷美観地区定休日定休日: 

    無休

  • 倉敷美観地区カードカード:  未入力
  • 倉敷美観地区ホームページホームページ:  http://www.kurashiki-tabi.jp/

岡山県倉敷市にある町並保存地区・観光地区である

倉敷美観地区

当エリアは倉敷市の美観地区景観条例に基づき定められたもので、同市本町全域、中央1丁目北部(前神町など)、東町・阿知2丁目・鶴形2丁目の各一部が含まれる。広義の美観地区の面積は21.0ヘクタールで、うち伝統的建造物群保存地区(第一種美観地区)が15.0ヘクタール、伝統美観保存地区(第二種美観地区)が6.0ヘクタールとなっている。伝統的建造物群保存地区(倉敷川周辺)は倉敷川畔伝統的建造物群保存地区(くらしきがわはんでんとうてきけんぞうぶつぐんほぞんちく)の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。

江戸時代初期の寛永19年(1642年)、江戸幕府の天領に定められた際に倉敷代官所が当地区に設けられ、以来備中国南部の物資の集散地として発展した歴史を持つ。倉敷川の畔から鶴形山南側の街道一帯に白壁なまこ壁の屋敷や蔵が並び、天領時代の町並みをよく残している。1969年に倉敷市の条例に基づき美観地区に定められ、1979年(昭和54年)に県内2件目の重要伝統的建造物群保存地区として選定された。

また、1930年(昭和5年)に建てられた日本最初の西洋美術館大原美術館や1888年(明治21年)に代官所跡地に建てられた旧倉敷紡績工場の建物を改修・再利用した観光施設倉敷アイビースクエア等も当地区を代表する建築物である。

 



役立つ情報


駐車場は倉敷美観地区近隣に有り こちら → 

倉敷美観地区の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る