京おばんざい&お茶屋Ber豆まる』

 0/0人  |  人気指数 1,262

お気に入りに追加:0
  • 京おばんざい&お茶屋Ber豆まる』住所住所: 

    〒100-6903 東京都千代田区 東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内パークビル ブリックスクエア3F

  • 京おばんざい&お茶屋Ber豆まる』電話電話: 

    03-5218-0003

  • 京おばんざい&お茶屋Ber豆まる』営業時間営業時間: 

    下記参照

  • 京おばんざい&お茶屋Ber豆まる』定休日定休日: 

    無休

  • 京おばんざい&お茶屋Ber豆まる』カードカード: 

  • 京おばんざい&お茶屋Ber豆まる』ホームページホームページ:  http://mame-maru.jp/

素材の味を生かした京料理

京おばんざい&お茶屋Ber豆まる』

ぶらっと入った丸の内ブリックスクエア。その中に入る『京おばんざい&お茶屋Ber豆まる』に行ってきました。丸の内に行くと丸ビルか新丸ビルでご飯を食べることが多いけどここ、ブリックスクエアには来たことがありませんでした。けっこーいろいろ入ってるんだね。素材の味を生かした調理がされているのでいつも心が満たされます。メニューを見ても食べたいのいっぱいあって迷っちゃう!!お通しの湯葉は山椒の上品な味がします。からすみ大根。これはお酒を飲みたくなっちゃう味です。て、ことで辛口の冷酒をいただきます。鉄製の器がオシャレ!冷酒がさらにヒンヤリと飲みやすい。九条ネギとじゃこのサラダはとっても繊細にカットされていて品よく食べられます。食べやすいしドレッシングも均等にかかっていて美味しい。サラダって取り分けにくかったりするけどこういうタイプだとフサフサしてていいな。鯛とハモのお刺身。新鮮でさっぱりしたお刺身は夏にぴったり。お豆腐と冷やし豆乳のジュレ鍋・・・ってどんなものかと思ったらこんな美しいものだったとは!鍋ぶたを開けると芸術を感じさせるお料理が待っていたのでわぁ~~~ってなりました。お料理は味だけでなく見た目の美しさもさらに美味しくさせてくれるので重要ですね。枝豆ととうもろこしの天ぷらは夏らしいメニュー。つゆでも粉塩でもとっても美味しかったです。最後は炭水化物。コチラ、生麩とニョッキのゴルゴンゾーラソース。さっぱりめな京料理の中でパンチをプラス。ゴルゴンゾーラが大好きなので頼んだんですけど生麩とも合うんですね。普段見ない組み合わせなので好奇心も心も満たされました。コチラのお店、舞妓ナイトなるイベントもやっているようで一見さんでも京都お茶屋さん遊びが体験できちゃうという面白そうなイベント。東京にいながらはんなり京都気分味わえちゃうなんてイイですね。



役立つ情報


●営業時間

月~木、土/11:00~14:30、17:00~23:00(L.O22:30)
金曜/11:00~14:30、17:00~02:00(L.O01:00)
日・祝/11:00~14:30、17:00~22:00(L.O21:00)

京おばんざい&お茶屋Ber豆まる』のオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(東京都・寿司・和食)の記事に6名の編集者が参加しました!

京おばんざい&お茶屋Ber豆まる』のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る