プラート・デッラ・ヴァッレ

プラート・デッラ・ヴァッレ

Prato della Valle

 0/0人  |  人気指数 1,695

お気に入りに追加:0

ヨーロッパで2番目に大きな広場という

プラート・デッラ・ヴァッレ 古代ローマ時代から中世、近世を通してパドヴァの街にとって、とても重要な場所だったという「プラート・デッラ・ヴァッレ」。古代ローマ時代はもともと劇場として使われていたが、その後集会場として市民に利用された。現在のように広場の周りに87の彫像が置かれ、その芸術的外観を整えたのは18世紀後半ということだ。今では市民の憩いの場として利用されている。毎月第三日曜には骨董市も開かれているようだ。

イタリアで一番広い楕円形の「プラート・デッラ・ヴァッレ」は、ヨーロッパでも2番目に大きな広場らしい。ちなみに一番はモスクワの赤の広場とのことだ。

地元の人が思い思いにくつろいでいる「プラート・デッラ・ヴァッレ」。その景観も美しいので、地元の人に混じってのんびり過ごしてみてはいかが?

プラート・デッラ・ヴァッレの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ヴェネト州・公園・広場)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る