ピエンツァ

Pienza

 0/0人  |  人気指数 1,653

お気に入りに追加:0

オルチャ渓谷が見渡せる、歴史ある小さな町

ピエンツァは、シエナの南、モンテプルチャーノとサン・クイリコ・ドルチアの間にある、トスカーナの雄大なパノラマを見晴らせる小高い丘の頂上に建てられたとても小さな町です。

ローマ教皇ピウス二世の命によってルネッサンス期に新しく誕生した「理想郷」で、市街地の歴史地区は1996年に世界遺産に登録されています。生まれ故郷だったこの場所を理想郷に作り変えようとしたローマ教皇ピウス二世でしたが、教皇の急死により未完に終わったとのことです。数奇な運命の街です。

とっても小さい町である「ピエンツァ」。町を東西に貫通する目抜き通りの長さが400m程度なので、町を一周するのも、歩いてまわるだけでも一時間もかかりません。更に見どころもほぼ一ヶ所に集中しているために、一日中この町にいるというよりは、周囲の町と併せた観光プランを立てた方がよいかも知れません。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(トスカーナ州・街・通り)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る