クアットロ・カンティ

クアットロ・カンティ

Quattro Canti

 0/0人  |  人気指数 1,846

お気に入りに追加:0

彫刻が飾られた大通りが交差する四つ角

クアットロ・カンティクアットロ・カンティ」とはイタリア語で「四つ辻」のことを意味し、パレルモ旧市街のヴィットリオ・エマヌエール大通りとマグエダ通りとが交差する地点にある広場の名称である。17世紀、スペイン総督らによって進められたバロック都市計画の一環として造られた。

四つ辻それぞれに装飾が施されていて、一段目が四季を表した噴水、ニ段目がスペイン総督、そして三段目には街の守護聖女が飾られている。これらはシチリアン・バロック様式の彫刻で、まるで野外展示場のような印象を受ける「クアットロ・カンティ」である。

クアットロ・カンティの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(パレルモ・名所)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る