大阪

オオサカ

Osaka

 0/0人  |  人気指数 1,899

お気に入りに追加:0

中国人が経営する日本食レストラン

大阪街の中心からやや離れたところに位置する日本食レストラン、その名も「大阪」。経営、シェフを含むコック全てのスタッフが全員中国人というお店だ。店内はイタリア人ウケするような雰囲気で、部分部分は日本人からするとちょっとズレている感じはある。

昼のセットメニューは12ユーロと14.90ユーロの2種類だ。どちらも内容は、前菜、サラダ、焼き飯か焼きうどん(どちらかひとつを選択)、鮨、デザートのフルーツ、ミネラルウォーターとなり、14.90ユーロのメニューには、さらに鶏肉と玉ねぎ炒めの一品が加わる。前菜の寒天のお酢のものは、適度な甘みもあり、サッパリ系。レタス、プチトマト、コーン、ニンジンの千切りのサラダは、酸味のきいた醤油と胡麻油風味。焼き飯は完璧な中華のチャーハンで、米も中華で使われるものだ。焼きうどんのうどんそのものは、日本のと変わらない(適度にコシがあってオイシイくらいな)が、味は完璧に中華風となっている。14.90ユーロに付く、鶏肉と玉ねぎ炒めは、鶏肉がとても軟らかくて美味しく、白いご飯があれば丼一杯イケそうだが、味はこちらも完璧に中華だ。もはや日本食とは言えない。ただ、鮨はハッキリ言って美味しい。シャリの、お酢の具合と味醂の按配がとても良い。巻きの海苔は香りも良いし、握りはやや厚めではあるが申し分ない。

中国人女将は感じが良く、親切だし、すし職人はヴェローナで握りを勉強したとのこと。今回いただいたセットメニュー以外の単品も良心的な価格設定だ。ぜひ、一度訪れてみて。

大阪のオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(フィレンツェ・和食)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る