雑貨は手作りが多い

ジャカルタの土産ジャカルタ市内の観光地は他の東南アジア諸国や中国と同じで、観光地には必ずと言っていいほど、露天の店があり、土産を売っています。

ジャカルタ(インドネシアはみんなそうかもししれません。)の露店はキーホルダーや

携帯ストラップ、置物や木管楽器などを売っていますが、どれも手作りが多いのが

特徴です。従い、1個1個が微妙に形や細工、色や模様などが微妙に違い、味があります。

買おうと思った時に、ついつい選んでしまいます。

売っているのは、大抵、アバヤを被った女性で、とても地味な格好をしており、ついつい「買ってやってもよいか。」と思ってしまいます。値段はキーホルダーや携帯ストラップで、1個20,000RPからで、日本円で200~300円ほど。

インドネシアの物価から言うと、結構な値段で、きっと外国人価格なのだと思います。

(ちなみに、20,000RPあれば、地元の食堂で3食を取れるくらいです。)

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ジャカルタ・お土産)の記事に2名の編集者が参加しました!

ジャカルタの土産のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る