ジャカルタ

 3.6/1人  |  人気指数 2,240

お気に入りに追加:0

イスラム文化を感じる異質のアジア

ジャカルタの街インドネシアは世界最大のイスラム教徒を抱える国です。

その首都であるジャカルタはビルが立ち並ぶ街です。

特に交通渋滞がひどく、車での移動は時間がよめません。

社会問題にもなっており、時間によっては、1人のりの場合はジャカルタ市内

に入る制限をしているようです。

街はイスラム世界と合って、他の東南アジア諸国とは少し異質な感じです。

1)街にはイスラムの丸い屋根のモスクが大小、ある。

2)街を歩く女性は頭にサリーをかぶっている。ただし、厳格なイスラムでは

  ないようで、顔はかくしていませんし、色は色々で、結構、きらびやかです。

3)街の中に、熱帯を思わせる木々が茂った場所がところどころ有り、

  熱帯地方を伺うことができます。

4)インドネシア独特のタクシー代わりの3輪車、バジャイがいたるところで

                                   活躍 している。

                                 5)バイクの走る台数が半端ではなく、ものすご勢いで走っている。

                                 6)レストランに入ると、そこは装飾がイスラムを感じさせる空間です。



役立つ情報


ジャカルタ市内で買い物をしたい時は、1)確かなものが欲しいときはサリナ・デパートのような百貨店へ、2)安く済ませたい時は、値段が交渉となるバサール・パルのような商店街へ行くとよいです。

ジャカルタの楽しみ方

編集履歴

・観光地としては、1)独立の象徴であるモスク、2)国立博物館、3)モスクなどがあります。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ジャカルタ・街・通り)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る