インドネシア文化・生活

1ページ

並べ替え

 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:2,359

イスラム教徒にとっては断食明け大祭であるレバランと同じくらい大切な日
IdulAdhaというイスラム教の祭日。イスラム教徒にとっては、断食明け大祭であるIdulFitri(レバラン)と同じくらい大切な日。なので、この日の前3日間は、ラマダン時期と同じようにプアサ(断食)をして、IdulAdha当日は朝ムスジでお祈り。毎年こ...
 
  •  
  •  
  •  

人気指数:2,468

インドネシアの冠婚葬祭
■インドネシアの結婚式 宗教によって、方式や衣装などが異なる。 インドネシアの結婚式を紹介。   インドネシアでは結婚式をしないと正式に結婚したと認められない。(お坊さんの認証サインが必要なため) また、世間に結婚し...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

人気指数:2,493

インドネシアの伝統
    ■インドネシアの伝統文化 *芸術 バリ絵画 起源は16世紀後半。王宮の装飾のために描かれた。その後西欧の技法が取り入れられ、画材など...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

人気指数:2,549

結構圧巻されるバリ島特有の男性合唱ケチャダンス
「ケチャダンス」は期待しないで見てみたら結構圧巻される。大人数でするところがいいのかもしれないが、なかなか見ごたえのある。バリ特有の舞踏劇で、多くの男性が大合唱する。インドの大長編詩であるラーマーヤナの物語を題材に舞踏劇様式で演じ...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

人気指数:2,420

神様が世界を創造し善が悪を滅ぼしたことを記念する日
日本のお盆とは、ちがって、こちらバリ島は、ヒンズー教徒が大多数を占める地域なので、ヒンズー教のウク歴にもとづく、お盆。これが、年に2回あり、その2回目が、12月8日(ガルンガン)と12月18日(クニンガン)となる。バリ島の休日「ガルンガン」の日...

1~5件のトラベルノートを表示/全16件

最近見た記事
一覧見る