茶具文物館

Museum of Tea Ware

チャーコイマンマッグン

 0/0人  |  人気指数 1,602

お気に入りに追加:0

茶に関する様々な展示がされている

茶具文物館1846年完成の香港最古の西洋建築と言われるフラッグスタッフ・ハウス内にある「茶具文物館」。伝統的な中国の茶器や茶葉など、茶に関するさまざまな展示がされている。中には貴重な歴史的展示物もあり、見応えたっぷりである。

茶の昔の飲み方をこと細かく、写真とともに分かりやすく説明がされている。昔々は、今のように茶を茶壷や蓋碗で飲むのではなく、煮たり、または茶以外の樹の実や塩などと一緒に飲んでいたのだ。

館内は常設展と半年に一回周期で内容が変わる特別展のスペースに分かれている。このときは「茗趣源流」という展示が行われており、歴代の茶器の窯元の紹介や茶の製造などなどに関して、とても細かくわかりやすく展示がされていた。

入口付近では、中国茶や茶器の販売もされているので、お土産にももってこいだ。

茶具文物館の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(中環・博物館・美術館)の記事に6名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る