香辣蟹

Temple Street Spicy Crabs

廟街香辣蟹

 0/0人  |  人気指数 1,863

お気に入りに追加:0
  • 香辣蟹住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • 香辣蟹住所(現地語)住所(現地語): 

    油麻地廟街210號地下

  • 香辣蟹電話電話: 

    27808438

  • 香辣蟹営業時間営業時間: 

    18:00-03:00

  • 香辣蟹定休日定休日:  未入力
  • 香辣蟹日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • 香辣蟹カードカード:  未入力
  • 香辣蟹ホームページホームページ:  未入力

男人街のオープンレストラン

男人街の路上に張り出した飲食店は,レストランというよりも屋台の延長のような店だが,敢えてレストランと呼ぼう。地下鉄佐敦(ジョーダン)駅を降り,男人(ナンヤム)街入口の手前にある店に入ってみた。外(屋外)にプラスティックのイスや木のテーブルを持ち出して,限りなく店のスペースを広げているので,屋根のある店舗からは少し離れ,屋根のない道路上のイスとテーブルに座ることになった。道路上でも車は通らないように施されているので心配はないが,多少落ち着かない。しかし,混んできて,まわりのテーブルが人だらけになると,むしろ路上であることを忘れてしまう。この類の店は地元住民が飲食する店よりは値段の設定が高いといわれているが,味はけっして悪いことはなく,値段も日本からみれば良心的な値段の中華料理である。中華の中でも場所柄広東料理主体のメニュー構成だ。観光客の多い男人街の入口だけに外人客が半数近くを占めていた。ビールははっきりいって安い。香港では輸入ビールが多いが,中国の青島ビールや地元のビールも売られている。しかし,中国産のビールは若いころから好きになれないので,インポートビールを頼む。ビールの安さが客寄せになっていることは確かであろう。地元ビールが大瓶(640ml)1本10ドルは魅力的な価格である。↓男人街南側のスタート地点にある『香辣蟹』という店↓リーズナブルな冷えた10ドルビール↓容器に日本語が... フードメニューはよりどりみどりで,値段は10~60ドルなので,いちばん高いメニューでも1000円以下だから日本よりはかなりお徳といえよう。一皿の量が多いので,誰かとシェアしなければとても食べられる量ではない。お世辞にもきれいとは言えない店構えながら味付けは本格的で,ニンニクをたっぷりに使っている。翌日は多少臭いだろうな,と思いながらもニンニクたっぷりの料理をついいくつも頼んでしまう。中華料理ゆえ油分が多いのは目をつぶるしかない。ニンニクを使っていない料理では酢豚が格別に旨い。日本でも高級店に行かなければ味わえないような味を庶民的な店で味わうことができるのは幸運だ。



人気メニュー食べ方


 

酢豚

ニンニクを使っていない料理では酢豚が格別に旨い。日本でも高級店に行かなければ味わえないような味を庶民的な店で味わうことができるのは幸運だ。



役立つ情報


■支払いのポイント!■

食べ終わったら,「マイターン!」(お勘定)と店員にいうと伝票を持ってくるので,その額をテーブルで払えばよいが,1000ドル札は偽札があるらしく, 受け取りを拒否する店員もいるので,100ドル札をたくさん持っていた方がよい。それでも強行に受け取らせ,お釣りをもらったが,強く拒否する場合がある ので,ご用心を。高級レストランでない限り,1000ドル札を使うことはないし,そのような店はカード支払いにするだろうから,香港では1000ドル札の 必要性をあえて感じない。



他情報


 

ビールが安い!!

ビールの安さが客寄せになっていることは確かであろう。地元ビールが大瓶(640ml)1本10ドルは魅力的な価格である。

香辣蟹のオススメメニュー

編集履歴

 

 

 

 

 

 

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(油麻地・佐敦・広東料理)の記事に6名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る