セント・ベネディクト・ペインテッド教会

St. Benedict's Painted Church

セント ベネディクト ペインテッド チャーチ

 0/0人  |  人気指数 1,772

お気に入りに追加:0

緑の茂みに囲まれた屋根は周りと調和させるように緑色の楽しげでかわいらしい教会

セント・ベネディクト・ペインテッド・チャーチハワイ島にはたくさんの教会があるが、ここの教会ほど楽しげでかわいらしい教会はないのでは?「セント・ベネディクツ・ペインテッド・チャーチ」は、緑の茂みに囲まれた白い教会だが、屋根は周りと調和させるように緑色。一見、ふつうの教会のように見えるが、中に入るとその印象は一変する。天井や建物を囲む壁一面に描かれたカラフルな絵が目に飛び込んできくる。描いた人物は、ベルギーからハワイへやってきたジョン・ベルチマン・ヴェルジ司祭。側面の壁には、聖書の物語のワンシーンを描いた6つの絵が描かれている。また、天井にはハワイらしい椰子の木や海などの南の島の風景を描いたものもある。祭壇の奥の壁にはだまし絵が描かれていて、教会内部が実際よりも広く見える仕掛けになっている。中世ヨーロッパの教会のように、高名な画家が描いた宗教絵画と違い、当時の司祭が自ら描いたというから驚き。もともと、この教会はホナウナウの海岸線に近い場所に、セント・フランシス・レジス・チャーチという名前で建っていたそう。1880年代の半ばになると、多くの住民が海岸付近より涼しく、豊かな土壌を求めて高台へ移っていきた。1899年に司祭がハワイに着任すると、住民が足を運びやすいようにとの思いで教会も移設することにした。この絵は、1899年から1904年にかけて描かれたもの。英語の読み書きができなかった当時のハワイアンにとって、彼の描いた絵は聖書の教えを学ぶための重要なツールだったそう。1904年、病気を患った司祭はベルギーへ帰国、帰らぬ人となってしまった。入口付近のパネルは白いままになっている。彼がまだ伝えたかった大切なメッセージはもう描かれることはなく、この教会はハワイ州歴史登録財、また国立歴史登録財として認定されている。ホナウナウ方面へ行かれる際にはぜひ立ち寄ってみては。教会の入口から一望できる海はとても気持ち翌、心身ともに癒される素敵な教会。

セント・ベネディクト・ペインテッド教会の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(カイルア・コナ・名所)の記事に7名の編集者が参加しました!

セント・ベネディクト・ペインテッド教会のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.05.30 10:38
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る