パーカー・ランチ

Parker Ranch

パーカーランチ

 0/0人  |  人気指数 2,057

お気に入りに追加:0

総面積は約7700平方キロハワイ島の約9%の土地を占めランチ

パーカー・ランチハワイ島の中央部やや北寄りに位置するワイメアの街。ここは、パニオロと呼ばれるハワイアン・カウボーイの街といってもいいだろう。カウボーイがなぜこの場所に集中しているのか?それはハワイ州最大、アメリカ屈指の牧場、160年以上もの歴史を誇る「パーカー・ランチ」に端を発している。

パーカー・ランチ」は、総面積は約700平方キロ、ハワイ島の約9%の土地を占める。想像も着かない大きさだが、東京23区の1.2倍なので、23区がすっぽり入ってしまうほど広い。1793年、カメハメハ大王はイギリスの船長ジョージ・バンクーバーから5頭の牛を贈られたのが始まり。カメハメハは、すぐさま5匹の牛に触れることはカプ(タブー)であると民衆に伝える。牛を早く成長させ、牧場を発展・成功へ導くためのカメハメハなりのひとつの策だったとか。素晴らしいアイデアのように見えたこの計画は残念ながら裏目に出てしまう。野生の牛が暴れだし、ワイメア地域の住民に多大な迷惑をかけるところまでは想像できなかった。牛は、人が住む敷地に入り込み、暴れ出して家を壊したり、ひどいときには人を傷つけ負傷者まで出る状況だった。困り果てたカメハメハ大王は、そのとき白羽の矢が立ったのが、イギリスの船員ジョン・パーマー・パーカーだった。

パーカーは1809年、彼が19歳のときに大王と出会い、気に入られていた人物だった。パーカーは牛を捕まえて屠殺し、ハワイ島に往来する船に売ることにした。とはいえ、牛も必死に逃げるし、環境に慣れてしまった牛を捕まえるのは一苦労だったよう。一番優秀だと思う一頭の牛だけは、パーカー自身が育てるために保持していた。最終的に、大王は孫娘のキピカネ(Kipikane)をパーカーの妻として結婚させることにした。パーカーは、カメハメハ大王から広大な土地を譲り受け、1847年に牧場を始めることに。彼が育てようとしていた一頭の優秀な牛もこの牧場で育ったよう。ある日、3人のメキシコ人がワイメア地域の人たちに牧場の運営方法を教えにやって来た。パニオロの伝統文化が始まったのもこのとき。馬に乗りながら縄を投げて牛を捕まえるというスタイルが定着していった。これは、現在でもパニオロと呼ばれるハワイアンカウボーイが、馬を操っている。敷地内には、常時3万から3万5千頭の牛がいて、250頭の馬を率いてパニオロが牛の群れを束ねている。また定期的にロデオを見せて、地域住民や観光客を沸かせている。

パーカー・ランチセンターには、パニオロの歴史がわかる博物館がある。また牧場では、ハワイ島の山々に囲まれながら大自然を堪能できる乗馬もできる。他にもワゴン・ライドや四輪バギーなどのアクティビティも楽しむことができる。牧場主、パーカー家の大邸宅と庭園に興味があるなら「パーカー・ランチ・ヒストリック・ホーム」もある。ここでは「マナ・ハレ(ManaHale)」と「プウオペル(Puuopelu)」と呼ばれる2つの邸宅を見ることができる。



役立つ情報


 

パーカー・ランチ・センター(博物館・ショッピング・アクティビティ)9:00~17:00 

博物館$8 乗馬(7歳以上)$79+TAX バギー(16歳以上)$95+TAX

パーカー・ランチ・ヒストリック・ホーム 9:00~17:00(最終入場16:00) 

邸宅/庭園 $9.00 ※ともに日曜日は休館

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る