ココス島&イルカウォッチング

Cocos Island

Cocos Island

 4/2人  |  人気指数 1,971

お気に入りに追加:0

ゆったりとしながらイルカも見れる島

ココス島&イルカウォッチング

ココス&イルカウォッチング(午前・半日コース)は大人85ドル、子供52ドル。この場合は楽天のデスクで申し込みをする。内容は以下の通り。

ホテル発(混乗バス約30分)~アガットマリーナ港発~イルカウォッチング(クルージング約1時間)~ココス到着~(ブリーフィング約5分)~自由行動~(ランチ)~自由行動~ココス島発12:45~メリッゾ発~バス混乗~各ホテル帰着予定時間14:00。7時にハイアットお迎えでバスが来で、30分くらいでアガットマリーナ到着。ここで双胴船のボートに乗る。出向は7時55分。イルカを探しながら一路遙か遠くに見えるココス島へ。とても良い天気。紺碧の海も綺麗。しかし、イルカはいない…そろそろココス島だというとき、ほぼ諦めていたのがようやく野生のイルカを発見!!7頭くらいの群れで、空気を吸いに上がってきては少し泳ぎいなくなってしまう。なんと1回は1匹がジャンプしてきりもみしていた。9時にメリッゾの港に到着。約15人ほどここで乗ってきた。9時25分に対岸にあるココス島に到着♪長い桟橋が突き出ている。そこから島に上陸。 

椰子の木を生やした「COCOSISLANDRESORT」の入り口。 その奥の建物はセンターハウス。ここでまずブリーフィング。ココス島では現金を使うところが限られている。2カ所のみでほとんどこの場所にあるクーポン券売り場でのみやりとりをする。9時15分~16時15分までこの窓口は開いている。紙に買いたいものをチェックし、会計して、カードなどを受け取る。裏手には休息所。クーラーがそこそこに効いている部屋だ。ビーチグッズなどもここの奥にあるショップで売っていた。後はアイス屋さんが入っている。ロッカーもレンタルです。一つだけ借りて、センターハウスの裏手にあるロッカーの建物へ。 ここは良くクーラーが効いている。 トイレとシャワールームにロッカーがあり、1日使えるので便利。 南京錠で、鍵はもって歩きます。センターハウスの横にはバレーボールのコートや大きな鳥小屋などがあった。まずは9時50分桟橋集合で10時からのパラセーリング。二人乗り100ドル、一人乗り60ドル。ひたすら気持ちよい。10時50分センターハウス横の小屋に集合で11時からのサンドバギー。二人乗り40ドル、一人乗り25ドル。バギーは正直かなりのオンボロ。サンドバギーが終わり、急いでビーチへ。一人ひと品、パラソル・チェア・ビーチマットを借りれるので、パラソルにチェア2脚を選択。 ビーチは綺麗。非常に浅いので、遊泳可能エリア端まで行っても腰くらいまでしかない。結構流れはあるようだ。11時50分にはあがり、ロッカーで着替えて急いで昼食へ。昼食は「COCOTERRACE」というレストランで。受付の女の人に食券を提示し、ブッフェの部屋で取って、オープンエアの気持ちよい席に着く。内容はケチャップライス、白いライスにカレー、骨付きの鶏肉、焼きそばなど。次の台にはサラダ。フィデナニソースでいただく。チャモロ料理で使われるタマネギとニンニクとホットペッパーの入ったピリ辛のしょうゆタレだそうだ。最後にそうめんが。このつゆが驚くほど甘い(笑)。飲み物はアイスティーと水。帰りは12時30分集合。先ほどより大型の双胴船でメリッゾへ。最後はバスに乗ってホテルに戻る。

ココス島&イルカウォッチングの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ココス島・ビーチ)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る