豚博物館

Gluecksschweine-Museum

 0/0人  |  人気指数 1,892

お気に入りに追加:0

ドイツのシンボルマークの豚に関して学べる世界にひとつしかない博物館

豚博物館

バート・ヴィンプフェンという小さな町の、世界にひとつしかない「豚博物館」。オーナーがぶたグッズ大好きで集めだして、その数なんと15,000点。博物館の中は、どこもかしこもぶたぶたぶた。よくぞこれだけ集めたと思うのと同時に、こんなにぶたグッズってあるの?とビックリ。ここがヒレ肉ですよーと言ってる図等も。茶目っ気たっぷりの絵から、辛口ジョークの風刺画まで様々。トイレの中までぶたコレクションで、見ているこちらがまいりましたーとなる程。さすがにトイレットペーパーは普通だが。ちなみに、ドイツで、ブタは幸運のシンボル。グリュックリッヒシュヴァイン幸運のブタといって、1ユーロコインをはさんだ丸々太ったブタで金運アップのお守りになっている。ノイシュヴァンシュタイン城の「シュヴァンschwan」は“白鳥”(スワン)の意味。和訳したら、新しい白鳥城といったところだろうか。ブタは、シュバインSCHWEINE。ちょっと発音を間違えると、白鳥城が、ブタ城になるので注意。よくぞ世界各国から集めたというぶたコレクション。お土産コーナーには、埼玉のどこだかの温泉協会みたいなところから進呈されたらしき手ぬぐいがおいてある。博物館にとって、面白そうな品物は買い取ってくれるそう。ぜひ持っている人は進呈してみては。

豚博物館の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ドイツ・博物館・美術館)の記事に6名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る