シューマン住居

ビルカー・シュトレーゼ

Bilker Strasse

 0/0人  |  人気指数 1,811

お気に入りに追加:0

ロベルト・シューマン が妻クララ・シューマンが約2年間暮らした住居

シューマン住居ロベルト・シューマンが、妻クララ・シューマンと、1852年から1854年の約2年間暮らした住居。あいにく祝日は、中の見学は出来ないのでご注意を。また、記念館等として公開されているわけではなく、今も普通に住居として利用されてるそう。

住居入口には、シューマンの生誕175周年を記念して石版と妻クララとのレリーフがある。ちなみに、シューマンが住居中に作曲されたのは「暁の歌 P133」だそう。シューマンの歴史をたどる際に必須の場所なので是非訪れて。

シューマン住居の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(デュッセルドルフ・名所)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る