宇美八幡宮

うみはちまんぐう

 0/0人  |  人気指数 1,666

お気に入りに追加:0

鎌倉時代初期から続く安産の神様

宇美八幡宮

神功皇后が応神天皇を産んだ地に、敏達天皇3年に

応神天皇を祀ったのに始まりと言われ、

境内には、神功皇后が出産のときにすがりついたという「子安の木」、

応神天皇の産湯に使ったといわれる「産湯の水」などが残ります。

 

宇美八幡宮で年に1度の放生会が行われていたので行ってきました。

日曜日の夜は人も少なめ☆    

 

願い毎を書いた和紙を行灯にして奉納されたランタンは  

幻想的でとっても綺麗♪    

久しぶりに放生会なるものに行ってみましたが、

中学生や高校生が多いですね~

 ゴムで出来た金魚で、金魚すくいなどの露天商から 

宇美八幡宮の放生会は宇美町商工会の方々による、

「商工まつり」も行われています。 

「大手羽の唐揚げ」は毎年並ぶほどの行列です正直、露天の食べものより商工会の食べものは安くて美味しいです♪ 

商工会では 「おでん」 「カレーライス」 「やきとり」 などなども販売されてます              

宇美八幡宮の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(福岡市・城・神社・寺)の記事に1名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る