博多ポートタワー

HAKATA PORT TOWER

ハカタポートタワー

博多ポートタワー

 0/0人  |  人気指数 1,877

お気に入りに追加:0

博多港のシンボルとして親しまれている博多ポートタワー

 

改装工事中につき休館中。平成23年10月15日~24年3月31日(予定)

 

 

地上70mの展望室からは360度のダイナミックな大パノラマを望むことができます。特に夜景が人気があり、夜22時まで多くの人でにぎわいます。1964(昭和39)年に建設されたため、外観はレトロな雰囲気がありますが、入場が無料ということもあり地元の人々に親しまれています。デートポットとしても有名です。また、すぐ隣にはベイサイドプレイスという複合施設もあり、合わせてお楽しみいただけます。

1階には「博多港ミュージアム」が設けられていて、博多港に関する知識を楽しく増やすことができます。

また館内には船の無線局があり、港に出入りする船の動きを他の船に伝える「博多ポートラジオ」として船の安全な運行に欠かせない重要な役割も果たしています。



役立つ情報


◎1964年(昭和39年)建築されたタワー。設計は東京タワー名古屋テレビ塔、2代目通天閣なども手掛けた内藤多仲氏。「塔博士」とも呼ばれる内藤が設計した所謂タワー六兄弟のひとつで、最後に完成した為「タワー六兄弟の末っ子」と呼ばれる。



他情報


◎全高103m 展望室床面高70m

 

◎「博多ポートタワー」の歴史

1964年

民間レジャー施設博多パラダイスのメイン施設として開業。

博多パラダイスには遊園地や展望温泉などもあり賑わったものの、入場者の不振で売却。

博多プレイランドに改名されて営業が続けられたが、入場者減少は止まらず閉園。

博多パラダイスの跡地はFBS福岡放送や福岡市立図書館へと転用された。

博多パラダイスの目玉であったため、今でも博多ポートタワーのことを「博多パラダイス」と呼ぶ人がいる。

1976年 博多港PRセンターとして開館。この名称は現在でも残っている。
1999年 博多開港100周年を記念してマスコットキャラクター「ポートくん」が制定された。現在も看板に描かれている。
2005年

福岡県西方沖地震での被災箇所を補修するため改装工事が行われ、外観の再塗装、

展望室の窓ガラス張り替え、望遠鏡の取り替え(有料のモニター付デジタル望遠鏡)などがなされた。

2006年 リニューアルオープン
2007年 タワー1階部分に博多港ベイサイドミュージアムが移転オープン

博多ポートタワーの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ベイサイドプレイス・博多港・タワー・展望台)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る