きんぎょ

Kingyo

キンギョ

きんぎょ

 0/0人  |  人気指数 1,893

お気に入りに追加:0
  • きんぎょ住所住所: 

    福岡市中央区薬院1-4-8 あずまビル1F

  • きんぎょ電話電話: 

    092-771-9611

  • きんぎょ営業時間営業時間: 

    11:30~24:00(ラストオーダー23:00まで)

  • きんぎょ定休日定休日: 

    なし

  • きんぎょカードカード: 

  • きんぎょホームページホームページ:  未入力

京都の町家をイメージしたモツ鍋店で味わう、白味噌のあっさりとしたモツ鍋

雑誌などにもよく取り上げられているこちらのお店へ。人気店のようなので予約して伺いました。私たちと同時にタクシーでお店に来る方もいて・・・期待も高まります。中庭がある和風モダンなインテリア。モツ鍋屋さんというよりかはお洒落な居酒屋さんみたいな雰囲気です。私たちは18時に予約しましたが、既にお客さんも何組かいて、女子グループやカップルなど、デートにも使えそうなお店です。小さなお子様連れは雰囲気的にちょっと無理かな。私たちの席の横の座席です。こちらもすぐに埋まりました。まずはドリンク。梅酒だけでも色んな種類がありました。私は完熟マンゴー梅酒。モツ鍋以外に黒豚しゃぶ鍋もありました。美味しそうだったけど、やっぱりお目当てはモツ鍋。味は2種類ありますが、やっぱり九州味噌を使ったスープで。私は揚げごぼうを楽しみにしていたんです。お通しはお洒落で、おひたしと梅酒につけこんだプチトマトを店名である金魚に見立てています。まわりには梅酒のジュレとタコのフリッター。器もお洒落だし、上がります。酢モツはモツ鍋屋さんに来たらかなりの確率でいただきます。揚げニンニクや薬味はお好みで・・・。そしてメインのモツ鍋が登場~!!揚げごぼうがたっぷりで美味しそう・・・すだちのいい香りもします。ごぼうが入ったモツ鍋は食べたことありますが、揚げごぼうは初めて。香ばしいごぼうの食感とすだちの香りが食欲をそそります。お腹いっぱいなのに食べれちゃうから不思議。スープは最初はとてもあっさりで、モツを煮込むと味が濃厚になって美味しくなります。この九州味噌の鶏がらスープの組み合わせ美味しかったなぁ・・・。すだち豆腐も美味しかった。でも残念ながらモツ自体は普通でした。もっとプリプリのモツを想像していましたが小ぶりでした。私はふわふわプリプリのモツが好きなんですが、こちらはいろんな部位が入っていて全体的に小ぶりです。



人気メニュー食べ方


●3,000円よりお得なコースメニューあり

●飲み放題メニューあり

●ランチタイムには定食あり



役立つ情報


●ランチタイムにももつ鍋が食べられます。

●全面喫煙可

きんぎょのオススメメニュー

編集履歴

 

もつ鍋・黒豚しゃぶ鍋 梅酒メニュー もつ鍋メニュー(拡大)

 

 

 

 

メニュー 価格

もつ鍋 九州味噌1100円(2人前より)

1,100円

もつ鍋 京風味噌1100円(2人前より)

1,800円

黒豚しゃぶ鍋1800円(2人前より)

1,500円

馬刺し盛り合わせ(霜降・赤身・たてがみ)

980円

新鮮お肉と鮮魚の刺身5点盛り合わせ 2人前より

700円

地鶏のたたき黒毛和牛バラの炙り刺し

1,280円

鯖(刺身・ゴマサバ)

980円

たこわさび

350円

枝豆

350円

もろみきゅうり

350円

チャンジャ

400円

とりわさ

400円

酢もつ

400円

葉わさびの醤油漬け

450円

漬物3種盛り合わせ

500円

アボカドのお刺身

400円

ざる豆腐

400円

マグロとアボカドの生春巻 800円
地鶏とオクラの生春巻

700円

大根とじゃこのピリ辛サラダ

700円

温泉玉子とパンチェッタのシーザーサラダ

700円

ベーコンときのこの豆腐サラダ

650円
丸腸ごぼうの唐揚げ 700円
鶏なんこつの唐揚げ 600円
手羽の甘辛揚げ 600円
エビのゆずマヨネーズ和え 800円
揚げ餅と茄子のめんたい揚げ出し 700円
きなこ豚の西京焼

700円

豚トロの炙り 680円
伊万里牛いちぼの炙り 1,280円
マルキーズショコラ 400円
抹茶アイスのクレープ包み 450円
黒ごまのチーズケーキ 420円
季節のデザート

450円

シャーベット (ゆず・りんご・カシス・洋梨) 350円
facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(渡辺通り・薬院・平尾・鍋料理)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る