ストラスブール大聖堂

Cathedrale Notre Dame de Strasbourg

Cathédrale Notre-Dame-de-Strasbourg

 0/0人  |  人気指数 1,761

お気に入りに追加:0

バラ色の天使

ストラスブール大聖堂は、ストラスブール・ノートルダム大聖堂とも呼ばれる、フランスストラスブールにあるカトリックの大聖堂。建設は12世紀にはじまり、1439年に完成。高さはなんと142メートルもありかなりの高さ。1874年までは世界一の高さだったが、そのこハンブルグの聖ニコライ教会に追い抜かれた。その高さゆえアルザス平原のどこからでも見える。またアルザス地方の砂岩を使用しており、外壁はバラ色に見えるため、「バラ色の天使」という呼び名もあるそう。

聖堂の周囲にはたくさんの聖者の彫刻があり、内部は典型的なゴシック建築。美しいステンドグラスが各所に埋められている。

ストラスブール大聖堂で有名なのは、天文時計と天使の柱。天文時計は教会歴を示す天球儀と、円形文字盤、月の満ち欠けを示す円盤からなり、毎日12時30プンに2ユーロ払うと12時との人形が動き、死神が金を鳴らすところを見られる。この時間を過ぎると、1時間ごとに天使が金を鳴らしてくれる。

観光お腹がいっぱいになったところで、観光再開。ストラスブール大聖堂)へと向かったがでかい!かなりのでかさ。中に入る前から興奮状態でいろんな角度から写真を撮って、中へ入った。ステンドグラスがすごい!からくり時計(1ユーロ)も!ゴシック建築の傑作と呼ばれるだけはある。一見の価値あり。

ストラスブール大聖堂の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(アルザス・王宮・寺院)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る