セナンク修道院

Abbeye de Sénanque

 0/0人  |  人気指数 1,814

お気に入りに追加:0

ラベンター畑で有名なシトー会の修道院

ランス南部のシトー派教会、セナンク修道院。シトー会とは、ベネディクト会から派生した派で、聖ベネディクトの戒律を厳しく守り、自らの労働で生活しながら修道生活を営む事を重んじる宗派。壮麗なク リュニー会とは対照的に、修道士達の服装も質素。ベネディクト会の標語「祈り、かつ働け」の通り、この修道院でも農業という自ら労働しつつ修道生活を営んでいる。礼拝堂も質素そのもの。パリのノートルダム大聖堂の豪華さとは対照的。教会には無くてはならないバラ窓も、とても質素だ。セナンク修道院は戦争による大きな破壊を免れたため、建てられた当時のままの姿を保っている。

日本の有名な某ガイドブックには、”ラベンダーの名所”として紹介されているセナンク修道院セナンク修道院のラベンダー畑、ガイドブックには6月から7月上旬が盛りだと書かれているが、7月上旬ではまだまだ早すぎで、ベストの時期は7月後半。

セナンク修道院の楽しみ方

編集履歴
料金 単位(ユーロ)
一般

18~25歳までの学生
6~18歳
司祭・信者 無料 

 

【見学】

見学は時間制になっていて、人数制限がある(50人まで)。

まずはチケットを購入してから順番を待つ形。

インターネットでも予約ができるようになった。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(プロヴァンス・王宮・寺院)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る