中世市場都市プロヴァン

Provins, Town of Medieval Fairs

Provins, ville de foire médiévale

 0/0人  |  人気指数 1,807

お気に入りに追加:0
  • 中世市場都市プロヴァン住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • 中世市場都市プロヴァン住所(現地語)住所(現地語): 

    5 Place du Maréchal Leclerc 77160 Provins, France

  • 中世市場都市プロヴァン電話電話: 

    01 64 60 38 38

  • 中世市場都市プロヴァン営業時間営業時間:  未入力
  • 中世市場都市プロヴァン定休日定休日:  未入力
  • 中世市場都市プロヴァン日本語/可・不可日本語:  未入力
  • 中世市場都市プロヴァンカードカード:  未入力
  • 中世市場都市プロヴァンホームページホームページ:  provins.net‎

バラの街プロヴァン

パリから一時間ほどで行ける中世市場都市プロヴァン。中世の時代にはシャンパーニュの大市で栄え、ヨーロッパ陸上貿易の中心地だったが、14世紀頃から急に廃れてしまい、今では中世がそのまま残る街としてユネスコの世界遺産になっている。

バラの街とも呼ばれるプロヴァンは、バラを使った製菓業の中心地でもあった。プロヴァンの薔薇はRosaGallicaOfficinalis(薬剤師の薔薇)と呼ばれ、11世紀頃ティボー4世が十字軍遠征の時に中東あるいは東欧から持ち帰ったもの。花が大きく八重で紫に近い濃いピンク色、おしべも黄色く大きいいわゆるオールドローズ。今でもここには沢山の薔薇のシロップ、薔薇のリキュール、薔薇のケーキ、キャンディ、‥と作られ販売されている。

中世市場都市プロヴァンの街は13世紀にできた5キロにわたる城壁で囲まれている。サン・ジャン門は中世市場都市プロヴァンで一番古いと言われる12世紀に建てられたロマネスクの建物、今では博物館になっている。シャテル広場にある勅令の十字架と昔の井戸。シャンパーニュ伯爵はこの十字架の元で勅令を出したそう。サン・キリアス教会、12世紀に建てられ16ー17世紀に立て直された教会で、ロマネスクとゴシックが混ざっている建物。1429年8月3日ジャンヌ・ダルクとシャルル7世がここでミサをしたそう。

中世市場都市プロヴァンの楽しみ方

編集履歴


コース紹介


●サン・ジャン門 ●ロマネスクの建物 ●シャテル広場にある勅令の十字架と昔の井戸 ●十分の一税用の倉庫

プロヴァンの街を囲う城壁にある門

ここで一番古いと言われる12世紀に建てられたロマネスクの建物。今では博物館になっている。

シャンパーニュ伯爵はこの十字架の元で勅令を出したそう。

十分の一税で徴収した穀物を収納するための倉庫。

●セザールの塔 ●サン・キリアス教会 ●修道院

12世紀に作られた。敷石の上にあり四角い土台の上に多角計のドンジョンがのっている。

12世紀に作られた教会。

カリグラフィーのお手本が沢山。教室もあるそう。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(イル-ド-フランス・世界遺産)の記事に3名の編集者が参加しました!

中世市場都市プロヴァンのタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る