クロード・モネの邸宅と庭園

MAISON ET JARDIN DE MONET

 0/0人  |  人気指数 1,811

お気に入りに追加:0
  • クロード・モネの邸宅と庭園住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • クロード・モネの邸宅と庭園住所(現地語)住所(現地語): 

    84 Rue Claude Monet, 27620 Giverny, France

  • クロード・モネの邸宅と庭園電話電話: 

    02.32.51.28.21

  • クロード・モネの邸宅と庭園営業時間営業時間: 

    09:30-18:00(11-3月は休み)

  • クロード・モネの邸宅と庭園定休日定休日:  未入力
  • クロード・モネの邸宅と庭園日本語/可・不可日本語:  未入力
  • クロード・モネの邸宅と庭園カードカード:  未入力
  • クロード・モネの邸宅と庭園ホームページホームページ:  未入力

モネが暮らした家と庭

パリ郊外の町、セーヌ川下流に位置する村シヴィルニーは、フランスの有名画家のモネが1883年に移り住み、亡くなる1926年までいた土地として有名。周りは牛やらが放牧されていてとってものどかなところ。シヴィルニーに来た目的はやっぱりここ!クロード・モネの邸宅と庭園。あのモネが暮らした家と庭を直接見学できるのだ。

今回はまず庭園のほうからみていくことに。逆ルートだ。お庭に足を踏み入れるとため息をつくほど綺麗なところ。水面には一面の睡蓮。ここであのオランジュリー美術館の”睡蓮”が生まれたのだ。日本を意識して作られた庭はまるで日本にいるかのような錯覚に陥いる。モネの作品にも”日本の橋と睡蓮”という作品がある。

そしてモネの家に足を進める。その途中色とりどりのかわいいお花達が迎えてくれる。こんなにたくさんの花に囲まれたのは初めてだ。周りを見れば花、花、花、”光の画家”とも言われるモネこの庭もそんなモネらしさが表れているような気がした。

さて次は、モネの家。モネの家中は残念ながら撮影不可能だったが、内部はとっても可愛らしかった。イエローベースのダイニング、ブルーベースのキッチン、そしてモネと共に暮らしていた家具たち。またモネの家の中には数々の浮世絵コレクションがあった。歌川、葛飾、本当にモネは日本の美術や文化も愛していたんだなと思った。フランスと日本の結びつきはこんなところでも深いのだ。この庭園自体がモネのアートモネ曰く”最高傑作”なのだろう。       

クロード・モネの邸宅と庭園の楽しみ方

編集履歴

・入場料6ユーロ

・庭園のみ4.5ユーロ

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(フランス・名所)の記事に3名の編集者が参加しました!

クロード・モネの邸宅と庭園のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る