リヨン歴史地区

 0/0人  |  人気指数 1,806

お気に入りに追加:0

ルネッサンス建築の集合体

リヨン歴史地区じゃ、フランス南東部、リヨン市西部に位置する石畳の街並みが残る旧市街から、クロワルースにかけての地域をさす。1998年12月にユネスコ世界文化遺産にも登録された。リヨンは、紀元前1世紀にはすでにローマの植民地として栄えており、フィルヴィエールの丘にはフランス最大級の円形劇場、大聖堂などローマ時代の遺跡が残っているほか、ヨーロッパでも最大級のベルクール広場、ロゼール庭園、テロー広場、サン・ニジエ教会。絹織物のさかんな地域で高い天井を持った家々が並ぶクロワ・ルースなど様々な歴史の遺物や文化に出会える街。

リヨンの旧市街はルネッサンス建築の集合体で、最も美しいものとして評価が高い。

リヨン歴史地区の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(リヨン・世界遺産)の記事に2名の編集者が参加しました!

リヨン歴史地区のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る