オペラ座(リヨン)

Opéra national de Lyon

 0/0人  |  人気指数 1,687

お気に入りに追加:0

ジャンヌーベルによる設計

丸い屋根が特徴のリヨンのオペラ座。パリのアラブ研究所、カルティエ財団などでの設計で知られる現代フランスを代表する建築家、ジャンヌーベルによる設計。既存の建築をいかしながらもインパクトとのあるモダンな感じの建物に仕上がっている。要所要所に施された照明が、独特の雰囲気をかもし出している。リヨンのオペラ座の横の広場には、浅い段差に水のながれが演出されており、そこにも照明が設置されている。

リヨンのオペラ座の建物の一階は周りが回廊になっておr、普段はストリートダンスの練習をする若者達なんかが踊っていたりするスペース。熱は日陰になるので涼みに来ている人も多い。

オペラ座(リヨン)の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(リヨン・名所)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る