ゴルド

Gordes

 0/0人  |  人気指数 1,773

お気に入りに追加:0

ラベンダーと石造りの家々

ランスリュベロン地方のゴルド。南フランスに多く点在する”鷲の巣村”のひとつ。何故、鷲の巣村なの?くどくど説明するよりも写真を見ると一目瞭然。その姿が鷲の巣に見えるためだ。また、ラベンダー畑で有名なセンナク修道院の入り口にある村で、丘の上には16世紀ルネッサンス時代の城が佇んでいる。見るからに”お金持ち”という石造り家々が立ち並ぶ町並み。南フランスでは石造りの家は、ものすごく高いのだ。日本の伝統建築みたいな感じだろうか。お金持ちしか住めない。南フランスという光景に出会いたい方は、レンタカーを借りて、こういう鷲の巣村を訪ね歩くといい。可愛らしいお店や、入り組んだ石畳の路地、お洒落なレストランなどが立ち並んでいて、おみやげ物やさんを覗いてまわるだけで楽しい。

ゴルドの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(プロヴァンス・街・通り)の記事に5名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る