プロヴァンス - 街・通り

1ページ

並べ替え

 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:2,572

カンヌ国際映画祭開催の地
カンヌは、地中海に面するフランスの都市のひとつ。コートダジュールリゾート区の中でニースに継ぐ人気のリゾートである。19世紀までは農業と水産業を中心とした街だったが、1834年イギリスのブルハム卿がここに滞在したことをきっかけに、...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:2,493

歴史的な戦闘の舞台
ポワティエは、パリから約1時間40分、フランス中西部に位置するガイドブックにも載っている街。シャルル・マルテルがイスラム教と戦って勝利を収めたトゥール・ポワティエの戦いのように、昔から数々の戦闘の舞台でもあった町。現在は美しいロマネ...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:2,735

南フランスの小さな町
ニースから車で山を上がって行くと、空の上にぽっかり浮かぶように見える鷲の巣村が見えてくる。まるで「天空の城ラピュタ」を思い出すような場所。ここは小さな村だが、観光客も多いエズ村に続いて有名な中世の村、サン・ポール(St-Paul)。サン・...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:2,340

サド侯爵が領地として治めていた
ラ・コストは、マキル・ド・サド侯爵が領地として治めていた所。人工は400人足らず、地図もいらない小さな村だ。レストランや民宿が数軒あり、いかにも田舎の雰囲気たっぷりの街。 サド侯爵は、サディズムという言葉の由来となった人物。小...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:2,560

南仏プロヴァンスの12ヶ月
ピーター・メイルの「南仏プロバンスの12か月」でも一気に世界中の中正記念堂目をあつめたリュベロン地方には、小さな村々がたくさんある。昔からこの土地に魅せられて住み着いた作家や芸術家は多く、それだけ魅力的な風景が広がっているところ...

1~5件のトラベルノートを表示/全11件

最近見た記事
一覧見る