プロヴァンス旅行

1ページ

並べ替え

 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:3,048

殉教者ヴィクトールが眠る修道院
サン・ヴィクトール修道院は、4世紀に殉職した聖者ヴィクトールを称えて5世紀に建てられました。教会内にはヴィクトールをはじめとする聖者の遺骨がガラスケースに入れられて収められています。地下の礼拝堂にはたくさんの石棺が安置されており、...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •   minus

人気指数:3,017

54年ぶりに復活したトラム
鉄道総研のHi-tram、川崎重工のSWIMOなど、高性能バッテリーを活用した架線レストラムが日本でも研究されはじめたが、すでにフランスでは営業運転を開始していた。それが、世界的に有名な保養地、ニースのトラム。ニースは大都市であるのにもかか...
 
  •  
  •  
  •  

人気指数:2,694

■ニース市内の交通手段 ニースの街は徒歩でも充分回れるが、バスやトラムが乗りこなせると、とても便利。 特にトラムはニース市内の北から南まで主な観光地を網羅しているので上手に活用しよう。 チケットはバス、トラム共通で1回券、1日券...
 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:3,018

噴水の街の市庁舎
エクス・アン・プロヴァンスは、かつてプロヴァンス伯爵の土地として栄えた地。15世紀には大学と高等法院ができ、プロヴァンスの政治と学問の中心の地となった。 旧市街を散策するとリシェル市場のすぐそばに市庁舎が見えてくる。市庁舎には...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:2,713

歴史的な戦闘の舞台
ポワティエは、パリから約1時間40分、フランス中西部に位置するガイドブックにも載っている街。シャルル・マルテルがイスラム教と戦って勝利を収めたトゥール・ポワティエの戦いのように、昔から数々の戦闘の舞台でもあった町。現在は美しいロマネ...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:2,794

フランス第2の都市
マルセイユはフランス第2の都市。古都リヨンから第2位の座を奪った港町だ。サッカー選手のジダンが育った町としても有名。周辺のプロヴァンス地域とともに2013年の欧州文化首都になることが決定している。 マルセイユは、南フランスにお...
 
  •  
  •  
  •  

人気指数:2,793

■ニースの気候 ニースは地中海性気候で、一年を通して気候は安定している。 夏は良く晴れて、空気も乾燥しており、まとまった雨は月に1、2回ほどしか降らない。 そのため年間の日照時間は2800時間にもなる。 時折ミストラ...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus
  エズ

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:2,965

ニースからバスで30分程の村、エズ。地中海を見下ろす海抜427メートルの岩山の上にあり、まるで鷲の巣のようであることから、「鷲の巣村」とも呼ばれるエズ。 バスから降りると空が近くてものすごい開放感雲に手が届きそうだ。海と空の青...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:2,955

南フランスの小さな町
ニースから車で山を上がって行くと、空の上にぽっかり浮かぶように見える鷲の巣村が見えてくる。まるで「天空の城ラピュタ」を思い出すような場所。ここは小さな村だが、観光客も多いエズ村に続いて有名な中世の村、サン・ポール(St-Paul)。サン・...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:2,560

サド侯爵が領地として治めていた
ラ・コストは、マキル・ド・サド侯爵が領地として治めていた所。人工は400人足らず、地図もいらない小さな村だ。レストランや民宿が数軒あり、いかにも田舎の雰囲気たっぷりの街。 サド侯爵は、サディズムという言葉の由来となった人物。小...

1~10件のトラベルノートを表示/全276件

最近見た記事
一覧見る