54年ぶりに復活したトラム

鉄道総研のHi-tram、川崎重工のSWIMOなど、高性能バッテリーを活用した架線レストラムが日本でも研究されはじめたが、すでにフランスでは営業運転を開始していた。それが、世界的に有名な保養地、ニースのトラムニースは大都市であるのにもかかわらず、公共交通機関の整備が遅れ気味で、地下鉄もなかったため、ニース市民にも多いに受け入れられているそう。チケットは1枚1、30ユーロ。フランスでは、自動車通行料を制限するため近年トラムの復活が増えており、ニースもその一例。1953年に姿を消したトラムが54年ぶりに復活した。

大半の区間ではパンタを上げて走行するが、マセナ広場の景観を守るため、広場を挟む1駅間だけはバッテリーで走行。なるほど、架線がないとすっきり!パンタの上げ下げは、停車中に行われ、その様子はまるでJR東西線の尼崎・京橋のよう。軌道緑化もヨーロッパにあるのだ。架線レスによりどれほどコストが増えたのか分からないが、日本にとってはいい導入事例になっているように思う。



facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ニース・交通)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

ここはどうですか?
ニースの人気トラベルノート

  • 宿
メルキュール ニース プロムナ...
プロムナード・デ・ザングレ沿いに位置するモダンなホテル
ホテル ラ ペルーズ
城壁跡のある丘に建つ豪華ホテル
ボスコロ ホテル エクセドラ
大規模な改修工事を施し、5つ星デラックスホテルに

もっと見る

エズ
ニースからバスで30分程の村、エズ。地中海を見下ろす海抜42...
サン・ポール
南フランスの小さな町
ポワティエ
歴史的な戦闘の舞台
ニースの気候・四季・格好
■ニースの気候 ニースは地中海性気候で、一年を通して気候は...
ニースの交通
■ニース市内の交通手段 ニースの街は徒歩でも充分回れるが、バスや...
最近見た記事
一覧見る