フランスの郵便

フランスの郵便局(La Poste

フランスの郵便局のテーマカラーは黄色で、ポストも郵便配達の車も郵便局の看板も黄色。

営業時間は月曜~金曜は8時から19時、土曜日は8時から12時。

切手なら街中のタバコ屋でも購入可能。

 

■手紙・はがき

葉書、封筒の表に「JAPON」と英語表記すれば、住所は日本語でも大丈夫。

航空便の場合は「PAR AVION」と表記する事、日本まで早くて7日程、遅くて10日程で届く。

PAR AVION 」と表記しない場合は、船便になる可能性があり、日本まで約1~2ヶ月かかる。

航空便の場合は手紙もはがきも20gまでなら0.9ユーロ。

 

■小包

小包を送る場合は『POSTEXPORT(ポステクスポール)』と『Colissimo(コリッシモ)』がある。

 

-POSTEXPORT(ポステクスポール 

郵便局にて100g用・500g用・1kg用・2kg用の厚紙でできた封筒と、2kg用の箱が売られている。(重量2kgまで)

追跡、保険、受領通知サービスは利用不可なので注意。

 

-Colissimo(コリッシモ)

・Colissimo Emballage International(コリッシモ・アンバラージュ・アンテルナスィヨナル)

郵便局に売っている送料込みのボックスを利用して送る。(重量7kgまで)

追跡、保険サービスが利用可。(受領通知は利用不可)

 

Colissimo International(コリッシモ・アンテルナスィヨナル) 

箱は自分で用意して送る。(重量20kgまで)

追跡、保険、受領通知サービスが利用可。

 

Colissimo Economique International(コリッシモ・エコノミック・アンテルナスィヨナル) 

箱は自分で用意して送る。(重量20kgまで)

保険サービスが利用可。(追跡、受領通知サービスは利用不可)

 

*フランスで小包を送る場合、荷物が届かなかったり、中身が盗まれていたり、中のものが壊れていたなどということが少なくない。高価なものや大切なものは送らないのが無難。

 

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(フランス・郵便事情)の記事に1名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

ここはどうですか?
フランスの人気トラベルノート

  • 宿
ホテルスターズ
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 2.8
  • /
  • 1人
パリ中心から少々遠いが、オルリー空港に...
メルキュール サントル
大きな屋外プールのある美しい庭園や、テラスで食事できるバーがある
ティムホテル シャルトル シャ...
シャルトルの中心に位置している ティムホテル シャルトル シャトレーは一...

もっと見る

レジス・マルコン
森の魔術師
カフェ・デュ・ポート・シェル...
シェルブール港のカフェ
ポルト・ド・ヴェルサイユ見本市
フランスのおいしいものが試食できる見本市
パリ市街
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 4
  • /
  • 1人
街中がアート
メール・ド・グラス氷河
氷の海を意味する広大な氷河
クロード・モネの邸宅と庭園
モネが暮らした家と庭

もっと見る

フランスの伝統
■フランスの伝統文化 フランスはファッションや美術、料理など、文...
パリの水
石灰分の多い硬水
フランスの行事
■フランスの多様なイベント フランスでは1年を通して各地でで音楽...

もっと見る

最近見た記事
一覧見る