莫高窟

Mogao Caves

バッコウクツ

莫高窟

 0/0人  |  人気指数 1,704

お気に入りに追加:0
  • 莫高窟住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • 莫高窟住所(現地語)住所(現地語): 

    甘粛省敦煌市敦煌研究院

  • 莫高窟電話電話: 

    (937)8869060

  • 莫高窟営業時間営業時間: 

    8:00~17:00(冬期9:00~16:00)

  • 莫高窟定休日定休日: 

    なし

  • 莫高窟日本語/可・不可日本語:  未入力
  • 莫高窟カードカード:  未入力
  • 莫高窟ホームページホームページ:  www.dunhuangcaves.org

世界遺産にも指定される世界最大級の仏教遺跡「莫高窟」!

莫高窟莫高窟(ばっこうくつ)」は、中国・甘粛省敦煌市の近郊に位置する仏教遺跡です。1961年に、中華人民共和国の全国重点文物保護単位に指定され、その後1987年には、ユネスコ世界文化遺産に登録されました。

莫高窟」は、南北1600メートルの断崖に掘られた492もの石窟からなっています。また、この石窟の中には、仏像が2400体以上、仏像などが描かれた壁画は、面積にして4万5000平方メートルといわれており、“砂漠の中の大画廊”、“オアシスの中の仏教美術館”などと呼ばれています。

中国三大石窟の一つで、当時の仏教芸術の集大成ともいえます。



役立つ情報


●井上靖の映画「敦煌」

ここ「莫高窟」と藏経洞を題材にした映画「敦煌」。

莫高窟」で修行した僧が、西夏の軍隊が敦煌に迫ったときに、藏経洞にたくさんの文物を隠したとされており、その風景がドラマチックに描かれています。

莫高窟の楽しみ方

編集履歴

入場料:180元



コース紹介


ユートラベルノートユーザーさんの体験談

 

 

敦煌の石窟群は広いので、どこの窟を見るかはガイド任せになる。

ツアー客の中には担当のガイドさんから離れ、他のグループのガイドさんに頼んで、お目当ての石窟を見ている者もいたが。僕の場合、特に目当ての石窟があった訳ではない。小説『敦煌』を読んで、ここに来たいと思っただけだったし。ということで、石窟のチョイスはガイドの李さんに全部お任せした。

ガイドの李さんの石窟チョイスはなかなか良く、解説もしっかりしていて交感が持てた。

以下、今回巡った石窟を簡単に紹介。

 

■94窟 太上老君の像アリ。仏教と道教の混合が見られる。

■96窟 莫高窟の正面にあたり、九層の大仏殿を持つ。ここに奉られてる弥勒大仏の高さは35.5m。仏像の大きさとしては世界No3!   No1は四川の楽山72m、No2は同じく四川の栄県大仏の37mという。唐を中断させた則天武后が即位すると、女帝は仏教を重んじるともに、自ら弥勒菩薩の生まれ変わりと称した。そのため、当時、弥勒菩薩建立ブームが起こった。今でも毎年4月に敦煌の人が祈願に集まるという。

■130窟 ここも弥勒仏。莫高窟で2番目に大きい26m。

■148窟 涅槃仏15m。背後には仏弟子72人。壁画は、涅槃前後の釈迦ムニの物語が描かれている。

■237窟 特徴的な石窟。まず天井には、三耳ウサギが三羽絡み合ったデザインが描かれている。他の窟には龍や鳳凰ばかり描かれているのとは対照的。また、現在敦煌のシンボルになっている「反弾琵琶」の飛天(=背中で琵琶を弾く天女)の画が見れるのもここ。さらに、壁には前述の吐蕃を描いたものがあり、当時の吐蕃の衣装や王の様子が見える。

■244窟 隋代のまま残っている窟。過去、現在、未来の三世仏の像が左、正面、右と並ぶ。仏は胡服をまとっているのが印象的。隋はやはり北方的だったか。小さい飛天が、ドーム状の天井と壁面の継ぎ目に描かれている。「飛天は実は地位が低いのです」との解説が微笑ましい。

■324窟 窟に入ると、つい立が目立つ。米人ワーナーのはぎとった「船」の絵の部分のこと。ひどい切り取り方をするものだ。壁画の一部のみが切り取られていて、その部分のレプリカ画が、つい立に描かれている。壁画には色々な物語が描かれている。

・張騫の物語:由来を知らない二つの金仏を発見した。名前を知るため、帝の命により西域へと赴くという物語。

・アショカ王が仏塔を国中に建てた物語。

・仏の服を人々が祀った。それを剥ぎ取った人が雷神のバチに当たると言う物語。

■16,17窟 この隠れ窟が1900年5月26日に発見され、莫高窟を一躍有名にした。なぜ隠されていたかは謎で、世界中の学者・作家が諸説立てている。井上靖『敦煌』もその一つ。 英仏日露米5ヶ国が、古文書等5万点中4万点を持ち去ったとの解説。ゴメンナサイと一言。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(甘粛省・公園・広場・史跡・寺廟 )の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る