ボーデ博物館

Bode Museum

ボーデ ミュージアム

Bode-Museum

 3.4/1人  |  人気指数 1,321

お気に入りに追加:0

ドイツ

博物館島の博物館

ベルリンの博物館島にあります。

一番北側にあり、とてもきれいな外観が特徴です。

由緒ある建物で、1904年に完成した歴史的価値のある建造物で、開館当初は、カイザー=フリードリヒ博物館と

呼ばれていましたが、初代館長のヴィルヘルム・フォン・ボーデ 氏の名にちなんで、「ボーデ博物館」となっています。

まず、入ると、ウィルヘルム2世像がお出迎えです。それから美しさで知られている階段を上ると、東方の彫刻、キリスト教の宗教画を中心とした絵画、コインコレクションがいっぱいあります。

特にアントニオカノーヴァの彫刻や、エルグレコの宗教画は必見です。

エントランスホールもすばばらしいです。

 

 

ボーデ博物館の楽しみ方

編集履歴

・入り口から入って、左側に荷物を無料で預かってくれるクロークがありますので、預けて、手ぶらで鑑賞がお勧めです。

 また、切符売り場はクロークのちょうど反対側で、入り口の右側です。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(アレキサンダープラッツ・博物館・美術館)の記事に1名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2015.10.01 11:11
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る