胡同(フートン)

 3.4/3人  |  人気指数 1,125

お気に入りに追加:0

昔ながらの街並みを楽しめる

胡同(フートン)と呼ばれる場所は、昔ながらの街並みが残っているところだ。確か清朝時代の街並み。北京在住の外国人が注目する胡同エリアの南鑼鼓巷。700年の歴史があるこの場所は、近年、クリエーターのショップやカフェが続々登場している。初心者向けの胡同だ。個性あふれる店が並び、特に欧米人が多くいる。古い住宅を改装した店がたくさんだ。またチャン・ツィーを輩出したところでも知られる中央戯劇学院がある。そのためオシャレな雰囲気が漂い、周辺にもここの学生と思われるスタイルが良くて、きれいな人を見かける。店の内装もレトロな感じなので、一軒一軒見て回りたくなる。街歩きには最適の場所だろう。ゆっくり、のんびりカフェでお茶でもしながら散策したい場所だ。



役立つ情報


・散策は昼間をお勧めします。暗くなってくると、明かりは少なく、治安が心配です。

胡同(フートン)の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(北京・街・通り)の記事に7名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る