青蔵老酸奶

 0/0人  |  人気指数 1,850

お気に入りに追加:0

北京でもおいしいヨーグルトが食べたい!

青蔵老酸奶青海省で食べた味、「青蔵老酸奶」が北京に登場。青海省の青蔵老酸奶は、中国独特の甘ったるいヨーグルトと違って、日本人好みかそれ以上に酸っぱさが際立つ。

そのヨーグルトがここ北京の街中で、手に入る。

店の看板もそのまま「青蔵老酸奶(女乃)」。青蔵とは青海省とチベット自治区の合体。酸奶(女乃)はヨーグルトの意味。店内には、色んな種類のヨーグルトをはじめ、青海(チベット)のあたりの乳製品も並んでいる。値段はどれも1個5元。西寧空港の青蔵老酸奶とほぼ同じ値段で売られている。無糖のヨーグルトはもちろん、糖分の入ったものもある。

場所はバスを降りた小庄路の角っこ。

青蔵老酸奶のオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(CBD・カフェ・ベーカリー)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る