ウィマンメーク宮殿

Wimanmek Mansion Palace

ウィマンメークキュウデン

 3/1人  |  人気指数 1,336

お気に入りに追加:1

敷地が広く異国情緒溢れる雰囲気

ドゥシット地区に位置する「ウィマンメーク宮殿」。ラーマ5世が5年間住んでいた木造の大建築。ほぼ総チーク材の3層建築というのは世界的にも珍しく、建築法はタイ様式と西洋式とが折衷されている。シリキット王妃により博物館として改装され、1983年から一般公開されるようになった。宮殿内部は、現地ツアーに参加しなければ見学出来ない。英語とタイ語のツアーがあり、それぞれ30分おきに出発する。時間は英語ガイドが9:45から、最終15:15発。タイ語ガイドが9:45から、最終15:00発で所要時間は約45分。宮殿の見学は足が出るような服装は禁止となっている。また内部への手荷物の持ち込みは禁止なので、荷物は全部ロッカーへ入れる。宮殿内は撮影禁止。

この宮殿は建てつけ部分を除いて釘は一切使用していない。各部屋は博物館となっていて様々なものが展示されている。全体で81の部屋があり、現在31の部屋が見学可能なので、非常に見どころが多い。

ウィマンメーク宮殿の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る