ラマ8世橋

rama8bridge

ラマハッセイバシ

 0/0人  |  人気指数 1,459

お気に入りに追加:0

欄干からの眺めがすばらしい!

ラマ8世橋カオサン通りから近い「ラマ8世橋」。ラマ8世はわずか10歳で即位されたが、摂政を置き、自らは成人になるまでスイスで勉学を続けた。帰国した翌年にあたる1946年、銃弾が眉間を貫通する形で崩御された。そのラマ8世を偲んで、建築されたのが「ラマ8世橋」だ。全長475メートルで、バンコクのバンプラット地区とプラナコン地区とを結んでいる。ライトアップが美しく、周辺のレストランやカフェは人気である。

ラマ8世橋の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(王宮・ドゥシット・名所)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る