チャクリー・マハ・プラサート宮殿

Chakri Maha Prasat Hall - Grand Palace

 0/0人  |  人気指数 1,669

お気に入りに追加:0

王宮のほぼ中央にそびえ立つ白亜の大宮殿

チャクリー・マハ・プラサート宮殿

ワット・プラケオから少し歩いたところにある宮殿。敷地21万平方km、ラーマ5世が建てた宮殿で1882年に完成した。現在は1階の武器・鉄砲の博物館が公開されている。
外観を見ると建物の上部と下部で様式が違っていて、上部はタイ様式、下部はヨーロッパ様式となっている。このような設計にしたのは、タイが上、ヨーロッパが下というのを表すためだとか。

屋根の線に沿ってがたがたになっている部分は、ナーガのうろこ、またはガルーダの羽をあらわしており、とんがっている部分がガルーダの尻尾を表しているのだとか。
2階以上に入らないように警備の人が立っている。観光客は決められた場所のみ記念写真撮影が可能だ。

 

チャクリー・マハ・プラサート宮殿の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+

チャクリー・マハ・プラサート宮殿のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る