アナンタ・サマコム宮殿

Anantha Samakhom Palace

 0/0人  |  人気指数 1,311

お気に入りに追加:1

近代では国会議事堂として使われた美しい宮殿

アナンタ・サマコム宮殿ラーマ5世が迎賓と国家儀式執行用として1907年に建築を命じた宮殿。建物、そして庭園ともに、ヨーロッパ様式で統一されている。1915年、ラーマ6世治世のもと完成し、以来迎賓館として、また1932年立憲革命以降は国会議事堂として利用されてきた。この宮殿の外壁には「ワット・ベンチャマボピット」と同じ、イタリアカララ市産の大理石が使われている。内部はラーマ6世に至るまで歴代国王の偉業が壁画で称えられており、建物も特徴でもあるドーム内には、フレスコ画が描かれている。現在は、隣に新しく国会議事堂が建設されたため使用されておらず、内部を見学することができる。

アナンタ・サマコム宮殿の楽しみ方

編集履歴

入場料 50バーツ

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る