カタ・カタ・ケーブ

Cutta Cutta Caves

Cutta Cutta Caves

 0/0人  |  人気指数 1,469

お気に入りに追加:0

5億年前から形成されてきた鍾乳洞

カタ・カタ・ケーブは、キャサリンから約27キロ離れたスチュアート・ハイウェイをなんかしたところにある鍾乳洞。今から約5億年前から形成されてきたもので、オーストラリア最大規模といわれている。カタ・カタ・ケーブは石灰石で形成されていて、鍾乳石や石筍がたくさん。レンジャーが入口にいて、グループ見学となる。証明設備がしっかりあるが、見学中にしかライトをつけないようにして、保護に力をいれているそうだ。

1900年に発見され、長さ700m、高さ12mのカタ・カタ・ケーブ、見学できるのは200mまで。昔は、軍隊が待避所として使用していたそう。中には様々な生物が生息しているようだが、今回はコウモリを見ることができた。

カタ・カタ・ケーブの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ノーザンテリトリー (NT/北部準州)・自然)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る