ガバナーズアイランド

Governors Island

 0/0人  |  人気指数 1,671

お気に入りに追加:0

夏季限定で公開されるニューヨークの憩いスポット!

ガバナーズアイランド

数年前より毎年夏季限定で一般開放されている「Governors Island(ガバナーズアイランド)」は、ローワーマンハッタンとブルックリンの間に浮かぶ小さな島です。

ガバナーズアイランド」は、18世紀から軍用基地として使われており、島内には今でも18世紀頃の家々がそのまま残っています。一部のアパートは解放され、ギャラリーやアートクラフトの販売もされています。

また、自由の女神像の顔が埋め込まれている公園やキャッスルウィリアムズとよばれる要塞などみどころも満載です。

海に浮かぶマンハッタンも一望でき、ニューヨークの憩いのスポットとなっています。

期間限定で入れる「ガバナーズアイランド」、おすすめです。

 
 
 

 

レンタルサイクル

自転車を借りて、島内を周ることができます。

時間で借りられます。

 

この自転車、ブレーキが付いてないので要注意!
ブレーキはどう掛けるのかと言うと、ペダルの逆回転=ブレーキ です。

 

 

 

 

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ニューヨーク・自然)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2014.06.10 09:33
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る